インプラント治療、入れ歯

患者さまお一人おひとりに合わせた治療法を提案します

インプラントと入れ歯は、どちらも失われた歯の治療です。
まずは、「歯を失ったのはなぜ?」という原因を探り、そのうえで患者さまのご要望や症状に合わせた治療法をご提案します。

インプラントとは

骨の中に「インプラント」を埋め、その上に義歯をかぶせる方法です。見た目が自然で噛みやすいのが特徴です。自費治療で、インプラント埋入手術が必要です。
カウンセリングの際は歯科用CTを使用し、立体的に画像をとらえて診断を行い治療計画を立てます。また、「アイキャット」という専用ソフトを使うCT撮影や、「ガイデットサージェリー」というガイドを用いて、より正確な治療につなげています。

歯科用CTを用いたインプラント

インプラント手術を安心・安全に行うには、骨の断面を確認し、神経の位置、骨量を測定することが大切となります。
その為に、CTスキャン画像は必要不可欠となります。
CT撮影ではこれまでの平面画像が3Dになり、骨の厚み、幅、硬さ、位置、歯の根の状態、歯周病の進み具合なども精密に分析することができ、正確な診断を細かく行うことが可能です。

インプラント治療の基本的な流れ

1診察・カウンセリング

2インプラント埋入手術

3義歯の作製と装着

4「メインテナンス」

メインテナンス、アフターケアの重要性

これまで通り、歯ブラシによるブラッシングを行います。
また、義歯の一部が欠ける、義歯を固定する部品のゆるみや欠損が生じることがあるので、定期的に通院することが必要です。

骨造成インプラント

骨の量が少ない場合、インプラントを埋入することが困難な場合があります。そのようなケースでもインプラントを可能にする骨造成法があります。
手術時のご負担を軽くするため、ご希望の方には全身麻酔にも対応します。

骨造成インプラントの種類

  • ソケットリフト
  • サイナスリフト
  • GBR
  • ソケットプリザベーション

症例

Before
After

歯肉移植療法

症例

Before
After

感染症への取り組み

医療器具を滅菌処理した後は専用の紙で包み、清潔度を保つ工夫をしています。

入れ歯

入れ歯の種類

部分入れ歯(保険適用)

クラスプと呼ばれる金属を用いた入れ歯のみとなります。

部分入れ歯(自費治療)

ノンクラスプデンチャー…金属を使用しないため見た目に優れています。

総入れ歯(保険適用)

レジン床…プラスチック樹脂製。厚みがあるため、装着感が劣ります。

総入れ歯(自費治療)

金属床…レジンと違い、薄くつくることが可能です。装着感に優れています。

症例

Before
After

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があり、それぞれ保険適用のもの、自費治療のものがあります。ご要望やご予算を伺い、最適な入れ歯をご提案します。