症例ブログ

2018.09.12更新

みなさんこんにちは。

最近日本でもTEDなどのテレビ放送でスピーチが注目されていますね。

思っていること、考えていることを他人に伝えることの難しさは誰でも経験されていると思います。

私も最近、若手の先生方に歯周病の講義をさせていただくのですが、きちんと内容が伝わっているのか毎回不安になります。

そこで一念発起してスピーチの講習会に参加してみることにしました。

他の受講生の前で与えられたお題について限られた時間でスピーチをするだけでも恥ずかしいのに、

そのあと講師の先生や参加の方々に自分のスピーチを声の質、立ち居振る舞い、目線、話の内容、間の取り方など事細かに評価されは

また次のお題、といった具合に延々と繰り返されて行きます。まさにスピーチの為の道場です。

こんな講習に参加するのは初めての経験で恥ずかしいながらも多くの気づきをもらいました。

本当にお腹の痛くなる講習なのですが、まだまだ始まったばかり。

ぜひ伝える力を習得して患者さま、講義を受けてくださる先生方に

わかりにくい歯科の話を、できるだけわかりやすくお伝え出来ればと考えています。